本日5月9日は『黒板の日』となっています。
この日は、全国黒板工業連盟が、創立50周年を記念して2000年(平成12年)7月に制定、翌2001年(平成13年)から実施。

日付は「こ(5)く(9)ばん」(黒板)と読む語呂合わせと、アメリカから黒板が初めて輸入されたのが1872年(明治5年)5月頃だということから5月9日となった。黒板の有用性をPRすることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されたそうです。
さて話は変わりますが、AGA(男性型脱毛症)において、髪がどの程度まで薄くなるかは個人差がありますが、一般的に以下のような特徴が見られます。

1.進行性の脱毛: AGAは進行性の脱毛症であり、徐々に髪の毛が細くなり、量が減少していく特徴があります。これは男性ホルモンによる毛包の縮小や髪の成長サイクルの変化によるものです。
2.頭頂部と生え際の脱毛: AGAの特徴的なパターンは、頭頂部と生え際の髪の薄毛や脱毛です。頭頂部の薄毛が進行すると、徐々に頭部全体の髪の密度が減少していく傾向があります。
3.パターンの違い: 個人によって脱毛の進行パターンには違いがあります。一部の人では頭頂部から始まり、次に生え際が後退していくパターンが見られますが、別の人では生え際の後退が最初に現れることもあります。
4.遺伝的要因: AGAの進行度合いは遺伝的な要因によっても左右されます。家族歴にAGAがある場合、脱毛が進行する可能性が高くなります。
5.改善の効果: 適切な改善やケアを行うことで、AGAの進行を遅らせることができる場合があります。例えば、ミノキシジルやフィナステリドなどの薬物療法や発毛促進療法を利用することで、髪の毛の薄さや量を改善することができる場合があります。

鹿児島の発毛サロンスーパースカルプ中央店では、個々のお客様の状況や希望に合わせたカスタマイズされたアプローチを提供し、AGAによる脱毛の進行を適切に管理し、健康な髪の成長をサポートしています。