本日5月7日は『ブラックモンブランの日』となっています。
この日は、佐賀県小城市に本社を置き、アイスクリームやチョコレート菓子などを製造・販売する竹下製菓株式会社が制定。

日付は「ブラックモンブラン」が初めて発売された1969年(昭和44年)5月7日から。2019年(令和元年)に発売50周年となる同社の看板商品の「ブラックモンブラン」。
こだわりのバニラアイスにチョコレートとザクザク食感のクランチがコーティングされた九州で大人気のこのアイスクリームを全国に広めることが目的。
記念日は2019年に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されたそうです。

さて話は変わりますが、男女でハゲる理由にはいくつかの違いがあります。以下に、男性と女性のハゲる理由について専門的に説明します。

1.男性のハゲる理由:
遺伝的要因: 男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、毛母細胞に作用して毛包の縮小や髪の細化を引き起こすことで発症します。
この遺伝的な傾向は父方の祖父や父親から受け継がれることが多いです。
2.ホルモンバランスの変化: 加齢やストレスなどによって、男性ホルモンのバランスが崩れることで脱毛が進行することがあります。
生活習慣: 喫煙や過度のアルコール摂取、不健康な食生活など、生活習慣の影響も男性の脱毛に関与することがあります。
3.女性のハゲる理由:
ホルモン変化: 女性は妊娠や出産、更年期などのライフイベントに伴い、ホルモンバランスが大きく変化します。特に閉経後の女性はエストロゲンの減少によって脱毛が進行することがあります。
4.甲状腺機能異常: 甲状腺機能の低下や過剰な活動は、女性の脱毛の原因となることがあります。
ストレス: 女性も男性と同様に、ストレスや精神的な負担が脱毛の原因となることがあります。
5.自己免疫疾患: 一部の自己免疫疾患(例: 全身性エリテマトーデス、甲状腺疾患)は女性の脱毛の原因となる可能性があります。
男性と女性のハゲる理由には違いがありますが、どちらも個々の状況や生活環境によって影響を受けます。
鹿児島の発毛サロンスーパースカルプ中央店では、男性と女性の脱毛の違いに配慮し、それぞれのニーズに合った効果的なケアプランを提供しています。