本日5月7日は『ブラックモンブランの日』となっています。
この日は、佐賀県小城市に本社を置き、アイスクリームやチョコレート菓子などを製造・販売する竹下製菓株式会社が制定。

日付は「ブラックモンブラン」が初めて発売された1969年(昭和44年)5月7日から。2019年(令和元年)に発売50周年となる同社の看板商品の「ブラックモンブラン」。
こだわりのバニラアイスにチョコレートとザクザク食感のクランチがコーティングされた九州で大人気のこのアイスクリームを全国に広めることが目的。
記念日は2019年に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されたそうです。

さて話は変わりますが、抜け毛とストレスの関係について専門的に説明します。

1.ストレスと抜け毛の関係:
長期間にわたる慢性的なストレスは、体の免疫系やホルモンバランスに影響を与え、抜け毛の原因となることがあります。
ストレスによって血流が悪化し、頭皮の血管が収縮することで、髪の栄養供給が悪化し、毛母細胞の活性が低下することが挙げられます。これにより、髪の成長サイクルが乱れ、抜け毛が増加する可能性があります。

2.テロメア短縮:
ストレスはテロメアの短縮を促進することがあります。テロメアは染色体の末端にある保護構造であり、細胞の老化や死に関与しています。ストレスによるテロメアの短縮は、髪の毛根細胞の寿命を短縮し、抜け毛を引き起こす可能性があります。

3.自己免疫反応:
ストレスによって免疫系が過剰に反応すると、自己免疫疾患が引き起こされる可能性があります。自己免疫疾患の一つである円形脱毛症では、免疫系が髪の毛根を攻撃し、円形の脱毛パッチが現れることがあります。

4.ストレスホルモンの影響:
ストレス時に分泌されるストレスホルモン(コルチゾールなど)は、血管を収縮させる作用があります。これにより、頭皮の血流が減少し、髪の成長に必要な栄養素や酸素の供給が不足することがあります。

5.ストレスに対する対処法:
ストレスを軽減するためには、適切なストレス管理技術を取り入れることが重要です。ストレス軽減の方法としては、定期的な運動や深呼吸、瞑想、趣味やリラックスする活動などが挙げられます。また、ストレスを抱えている場合は、カウンセリングや心理療法を受けることも有効です。
鹿児島の発毛サロンスーパースカルプ中央店では、ストレスが抜け毛に与える影響を考慮し、総合的なケアプランを提供しています。ストレス管理に関するアドバイスやリラクゼーションセッションなども行い、お客様の健康な髪の成長をサポートしています。