本日5月7日は『ブラックモンブランの日』となっています。
この日は、佐賀県小城市に本社を置き、アイスクリームやチョコレート菓子などを製造・販売する竹下製菓株式会社が制定。

日付は「ブラックモンブラン」が初めて発売された1969年(昭和44年)5月7日から。2019年(令和元年)に発売50周年となる同社の看板商品の「ブラックモンブラン」。
こだわりのバニラアイスにチョコレートとザクザク食感のクランチがコーティングされた九州で大人気のこのアイスクリームを全国に広めることが目的。
記念日は2019年に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されたそうです。

さて話は変わりますが、AGA(男性型脱毛症)が進行する主な原因は、遺伝的要因とホルモンの影響です。専門的に説明します。

1.遺伝的要因:
AGAは遺伝的な要因によって引き起こされることがあります。特に、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換される遺伝的な感受性が関与しています。
DHTは毛包に作用して、毛根のサイズを縮小させ、髪の成長サイクルを短縮することで薄毛を引き起こします。
遺伝的な傾向がある場合、AGAの進行リスクが高まります。

2.ホルモンの影響:
ホルモンのバランスの変化がAGAの進行に重要な役割を果たします。男性ホルモンであるテストステロンは、毛包内でDHTに変換され、DHTが毛包に対して影響を与えます。
DHTは毛根の血管を収縮させ、髪の成長サイクルを短縮し、毛根の萎縮を引き起こします。このプロセスが進行すると、毛根は次第に髪を生成できなくなり、薄毛が進行します。

3.環境要因:
環境要因もAGAの進行に影響を与える可能性があります。ストレスや喫煙、栄養不足などの環境要因は、ホルモンバランスや血液循環に影響を与え、薄毛の進行を加速させることがあります。
特に、ストレスは副腎皮質から分泌されるストレスホルモンが影響し、脱毛の進行を促進する可能性があります。
これらの要因が組み合わさることで、AGAの進行が促進されることがあります。個々の状況や要因に応じて、適切な改善法やケアが必要です。
鹿児島の発毛サロンスーパースカルプ中央店では、専門家によるカウンセリングや最新の改善法を提供し、お客様の健康な髪の成長をサポートしています。