本日3月12日は『咲顔(えがお)の日』となっています。

この日は、東京都港区高輪に本社を置き、研修業務・経営コンサルタント業務を行う株式会社喜田寛総合研究所(KIDAKEN)の代表・喜田寛氏が制定。

日付は喜田氏の誕生日・1945年(昭和20年)3月12日から。「咲顔」と書いて「えがお」と読む。
同研究所では、咲顔を大切にし、誰もが心からほころぶような咲顔の人になることを願い、咲顔を広める活動を行っている。
記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されたそうです。

さて話は変わりますが、AGA(Androgenetic Alopecia)は、男性型脱毛症として知られ、男性の薄毛や抜け毛の主要な原因の一つです。
鹿児島の発毛サロンスーパースカルプ中央店では、AGAのルーツや根本的な原因に焦点を当て、患者がこの問題に対処するための正しい情報を提供しています。

AGAのルーツを探るには、まず男性ホルモンであるテストステロンが重要です。
AGAは遺伝的な要因と男性ホルモンの関与が結びついており、特にジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが薄毛を引き起こすのに重要な役割を果たしています。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが5α-還元酵素と呼ばれる酵素によって変換されたものです。
この変換されたDHTが、毛包の受容体に結合し、毛母細胞の成長を妨げ、徐々に髪の直径と成長周期を減少させます。
結果として、髪が細くなり、徐々に薄毛が進行していきます。

さらに、AGAの発症には遺伝的な要因も関与しています。親や祖父など、家族に薄毛やAGAの症状が見られる場合、自分自身もAGAのリスクが高まる可能性があります。
遺伝的な要因は、DHT受容体の感受性や髪の成長サイクルに影響を与え、AGAの進行を加速させることがあります。

その他の要因として、ストレス、生活習慣、栄養不良、環境要因なども関与しています。
特にストレスは、ホルモンバランスを乱し、毛包の健康に悪影響を与える可能性があります。

鹿児島の発毛サロンスーパースカルプ中央店では、これらの要因を考慮し、患者に適切な改善プランやアドバイスを提供しています。
AGAのルーツを理解し、適切な対策を講じることで、薄毛や抜け毛の進行を遅らせ、健康な髪を維持することが可能です。